金沢マラソン2015 エントリーと金沢マラソン2015の詳細

金沢マラソン

金沢マラソン

金沢マラソン2015は来年度を第一回として開催予定の金沢市内を走るフルマラソンです。
2015年の11月15日開催で、募集人数は12000人です。(多い場合は抽選)。
制限時間は7時間と長めで初参加の方にも嬉しい時間設定です。

金沢マラソン2015のテーマは『金沢をまるごと「走る!」』
マラソンで訪れるのを通じて、豊かな自然、歴史的建造物、食、文化などまるごと金沢を満喫して欲しいというコンセプトの元、開催されます。

永坂広阪通りをスタートし、7つのゾーンを周ります。
1、歴史的景観ゾーン(兼六園ほか)2、中心市街地ゾーン(駅前繁華街)、3、新動脈:山側幹線ゾーン(車でしか走れない幹線道路)、4、学生のまち文教ゾーン(学生街)、5、旧街道まちなみゾーン(城下町)、6、白山連峰を望む田園ゾーン(田園地帯)、7、駅西新都心ゾーン(県庁ほか)。

これらを巡りゴールは石川県陸上競技場となっています。
金沢の魅力を満喫できる回遊型コースで、走りながら次々と様子が変わっていき、金沢のいろんな顔を見て、金沢への理解を深める事が出来るのは大変楽しいに違いありません。

12キロ程度までは登りが多く苦しいところですが、それ以降は下りが多く、後半はほとんど平坦で走りやすいコース設定になっています。

何しろ一回目とあって、様々なPR活動が盛んです。
去る8月23日は、世田谷区駒沢オリンピック公園にて金沢マラソンPR隊が、PRランとして集団ランニングを行った模様で、駒沢公園が多くのえんじ色のランナーで染まりました。
ランニングとは別に説明会や旅行プランの説明も行われたようです。

プレ大会として「金沢城下町市民マラソン」(10㎞、3.3㎞)も11月9日に開催予定で、金沢マラソンのコース体験、コース上の応援スポットやフィニッシュ後のふるまい鍋、そして上位入賞者の副賞や飛び賞で「金沢マラソンの優先参加権」も当たる企画もあるようです。

来年の開催に向けて着々と盛り上がりあがりを見せています。このように、市民、企業、ボランティア、ランナーが触れあえる大会に大変期待が持てそうです。


【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~

尚、エントリーは2015年の3月から4月の1ヶ月の予定です。
ボランティアの募集も開始していますので、走らない方はこちらで参加してみるのはいかがでしょうか。
金沢マラソン2015のFBページも要チェックです。

その他のマラソンに関する記事はこちら