犬を飼うときのポイント 犬を迎える時のポイント


犬を飼うときのポイント

犬は飼うもの?暮らすもの?と考えてみたことが
ありますか?

そしてその犬が生活するための居住スペースや
飼い主側の時間の余裕はどうでしょうか?

実際にペットショップで一目ぼれをしてそのまま購入・・

その場でグッズを揃えて即日ペット生活開始!

というのは正直、共感出来ないことでもあります。

勿論その犬が気に入ったという
インスピレーションは大事にするべきです。

がしかし、犬と暮らすということを一息置いて

考えてからの行動に移してください。

よく犬と暮らし始めることを犬友たちの中では「お迎え」という
表現をします。まさにそうなのです。

新たな家族をお迎えするという感覚が大事だと思います。

その犬の犬生を共に預かるという意識を
強く持つことが本当の意味でもお迎えだと考えます。

そこで犬を迎える時のポイントをお伝えします。
まず、誰がお世話をするのか?ということです。小型犬の場合など
食生活などが軌道に乗るまでには時間のかかる場合も多々あります。

逆に中型犬や大型犬の場合には想定外に大きくなるスピードが
早かったり、散歩の回数が思っていたよりも必要になったりもする
こともあります。

余裕を持ってその犬との暮らしを楽しむためにもまずは
環境整備から始めることも大事です。そしてその家族構成や環境に
見合った犬をお迎えすることが重要なのです。

 

そして犬種問わず、パピーと呼ばれる幼犬時代には出来るだけ関わりを
深く持って過ごせるようにしてあげてください。その後については
ご家庭の方針で育てていけば良いのです。

やはり命あっての出会いです。犬を迎えるということに、重きを置いて
今一度真摯に考えて本当の意味で家族を増やしてください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ