iOS 8にアップデートする前に知っておくべきこと icloud driveアップグレード終わらない時は


モバイルOS「iOS」の最新版「iOS 8」の提供をAppleは9月17日開始しました。

iOS 8に対応するiOSデバイスでOTA(Over The Air:ワイアレス経由)、つまりはWi-Fiを経由。またはPCにLightningケーブルで接続してiTunesの「デバイス」の「概要」タブからアップデートできます。LTEや3Gなどのモバイル回線からはダウンロードできませんので、Wi-Fi環境がない場合は後者の方法で行います。ここで注意することは、iTunesからiOSをアップデートする時は、最新のiTunes 11.4への更新をする必要があります。

今回のアップデートは、App Storeの登場以来、最大のリリースで“メッセージ”Appや“写真”Appの新機能、QuickTypeキーボード、新しい“ヘルスケア”App、ファミリー共有、iCloud Driveを始めとする何百もの新機能が追加されます。

しかし、このアップデートにはちょっと問題があります。それはアップデートファイルが大きいこと。iPhoneが1.1GB、iPadが1.3GB。アップデートにはiPhone本体に5.7GB以上、iPad本体に6.9GB以上の空き容量が必要なこと。とくに容量8GBの製品(iPhone 5c、iPhone 4sなど)も今回のアップデートに関係するので、この大きい容量のアップデートファイルはキツイですね。

そこで容量不足でアップデートができない時はiCloudなどでパソコンに写真やビデオを転送し空き容量を増しましょう。また、不要なデーターや写真、ビデオやアプリを消去して、少しでも空き容量を増やす努力をしましょう。意外と不要なデーターやアプリはあるものです。

また、注意点としては、今回のiOS 8はiCloudをオンラインストレージとして柔軟に利用できるようにする「iCloud Drive」(iCloudの上位版)をサポートしていますが、iOS 8で動作するデバイスでiCloud Drive(iCloudの上位版)を有効にすると、iCloudを通じたファイルの同期がiOS 8とOS X Yosemiteの間に制限されます。

簡単にいうと、iOS 7以下で動作するiOSデバイスやOS X Mavericks以下のMacとはファイルの同期ができなくなるのです。OS X Yosemiteのパブリックベータ版はすでにiCloud Driveに対応していますが、最終版のリリース日は未定で、特にiOSデバイスとMacの間でiCloudを使ってファイルを同期しているユーザーは注意が必要です。

iCloud Driveで同期可能なのはiOS8とOS X Yosemiteだけ!これ大事ですよ!
iOS8端末しか使わないのならいいのですが、他に同期したいものがあるなら、iCloud Driveにアップグレードしないほうがいいです。
しかもYosemiteはまだ出てませんから!

また、アップデート中は、進捗バーが動かなくても(icloud drive アップグレード 終わらない場合も)電源ボタンを長押ししたりせず、じっと我慢して待ちましょう。下手するとiPhoneが逝ってしまう可能性があるからです。

ゼッタイ触っちゃダメ!

さて、今回のアップデートでの注目点として

1.Siriが、賢くなりました。

2.起動やシャットダウンに要する時間が早くなりました。

また、注目のソフトウェアキーボードの刷新ですが

日本語は、残念ながらQuickTypeは従来通りの予測変換機能でしかありませんでした orz…
英語は予測候補が次々と出てくるようになっているようです。

基本的に動きはサクサクですし、今のところ問題はありません。LINEはちょっと問題があったようですが、すでに新しいバージョンがでていますので、問題はないでしょう。皆さんLINEのアップデートを忘れずに!

アップグレードの対象機種は以下の機種

iPhone
・iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s

iPad
・iPad Air、iPad Retinaディスプレイモデル、iPad 2、iPad mini Retinaディスプレイモデル、iPad mini

iPod touch
・iPod touch (第5世代)

手書き入力で人気の『mazec』は早速iSO8に対応してますね。価格は700円です。今回は相当下手くそな字でも、かなりの精度で認識してくれるようです。便利なんですよね、このアプリ。

もしものときのために、バックアップをキチンととってからアップデートしてくださいね!

最後にもう一度だけいいます!

iCloud Driveで同期可能なのはiOS8とOS X Yosemiteだけ!これ大事ですよ!
iOS8端末しか使わないのならいいのですが、他に同期したいものがあるなら、iCloud Driveにアップグレードしないほうがいいです。

それと
icloud driveのアップグレードが終わらない場合はじっと我慢して待ちましょう。

追記
米Appleは日本時間の9月25日午前2時過ぎ、18日にリリースした「iOS 8」の初アップデート「iOS 8.0.1」をリリースしたが、約1時間後に撤回したようです。このアップデートで多数のiPhone 6/6 Plusユーザーが、圏外になってしまったり、Touch IDを認識しなくなるという問題が出たようです。しかしこの問題はiPhone6のみのようで、それ以前のシリーズには問題がないようです。