意外と知らない日傘の盲点 UV対策はココをおさえておこう!



最近では、夏だけじゃなく日傘をさすケースが結構ありますよね。しかも男性用までありますね。日傘を使用したら思い通りに日陰をつくることが出来るので、日傘が無いのとあるのとではかなり暑さが違ってきます。 最近のような猛暑日が続く夏場はとくに必要です。日傘はほとんどの場合、UVカット処理が施されていますし、近頃では涼しさを配慮した原料が採用されている日傘も発売されている様子です。 UV対策としても秀逸な日傘ですが、日傘には意外と知られていない、UVの抜け道があるのを知っていましたか? ここでは、気づきにくい日傘の盲点についてお伝えいたします。

日傘では防止不可能?反射によるUV(意外と気づいていません)

日傘は頭の上や顔にじかに降り注ぐUVを防御することができます。ところが、照り返しに伴う下側からのUVは防ぎきれません。 照り返しという形で思いやすいのものは、ゲレンデの白い雪。光やUVを照り返ししやすいため、雪焼けと呼ばれる事態が生じます。また、この照り返しはゲレンデに限らずアスファルトなど身の回りの中においても生じています。 草地やアスファルトの反射率はおよそ10%、砂浜では25%、新雪では80%にも達します。意外と砂浜では反射による日焼けが起こるのはこのためです。とくに西日本では白い砂浜が多いので要注意です。子供を連れての海水浴は気をつけましょう。

色にこだわるなら日傘の外面ではなく内部のカラー!

そんな照り返しに気を付け日傘を選ぶにはどのようにしたらいいでしょうか? もとより日傘の色を気にしたことってありますか? 白は紫外線をリフレクションすることで、黒はUVを取り込む方法でUVを阻止してくれるという色の性質があります。ただし、UVカット処理されている傘で、同様カット率であれば、どころか上空から降り注がれるUVは白も黒も色の相違での大差は概ねありません。 大事になってくるのは、日傘の内側。内側が白色だと大地から反射してきたUVをリフレクションさせてしまうため、照り返し解決法には内側が黒い日傘を選択するのが賢明だと思います。物理的な意味でのおすすめは、「表が白で裏が黒」や「表は銀色」というタイプですが…ただし、紫外線を防ぐということは、紫外線を吸収するということなので濃い色は熱がこもって暑くなります。これを防ぐには日傘の生地が二重になっているものを選ぶと生地の間に空気による断熱効果が期待できます。

日傘のUVカット作用には寿命がある。およそ2~3年

効率的な傘を買っても、さらに意識しなくてはならないのが日傘の寿命。UVカットの作用は2~3年ほど。そのため、綺麗でちゃんと使える日傘を大事に使っていても、UV効果の寿命がきているということもあります。いつ頃買い求めたのか記憶しておくのが賢明ですね。 折角UV対策として使用中の日傘が、実際は意味がなかったなんてことになってしまうとなると辛いです。最近ではUVを99%カットしてくれるというスプレーが出ているようなのでこれらを使ってみてもいいでしょう。寿命がのびます。

紫外線防止 NEW UVカットスプレーXP

日傘のみでは防ぎきれないUVについては (実質日傘のみでは防ぎきれません)

日傘では防ぎきれない部位のUV対策は何をしたら正解なのでしょうか?紫外線は光なので、様々な物にぶつかって乱反射しています。 日焼け止めクリームを用いて二重の対処法を取りましょう。日焼け止めクリームは完全に細かいところまで塗りつけることを意識しましょう。(これが一番大事です) 具体的に言えばアゴや耳、また手の甲や足の甲など顔や腕と比較したら塗り忘れてしまうことが十分ある部分。顔の頬の部分や鼻の頭は、出っ張っている部分なので、丁寧に塗り直しをすることも重要点になります。

最近では飲む日焼け止めというのが注目されているようです。これなら全身のいたるところまで、紫外線によるダメージを防ぐことができるのでおすすめです。なかでも雪肌ドロップというのが効果が高いと人気があるようです。これならスポーツなどのときの日焼け止めにはもってこいでしょう。

以上日傘の盲点についてをお伝えしましたがどうでしょうか? UV対策をとることについては日傘のみならず、細かな部分まで、日焼け止めクリームを塗り、UVからカラダを保護しましょう。乱反射による日焼けがあるということを覚えておいてください。。加えて、日傘も遮光率99%を超えるタイプをそして遮光率99.99%を超えるタイプを。最近ではおしゃれな遮光率100%のものも出ているようです。遮光1級傘と称されているものもあるので、遮光1級傘を採用するよう努めるのも重要点になります。 素肌をUVからプロテクトして、秋のシーズンも美肌をキープして行ってくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ