子犬のしつけのポイント 甘噛み トイレについて


子犬のしつけのポイント

子犬のしつけのタイミングというのはどの本にも書いてあるように

実際にはお迎えをした瞬間から始まっています。やはり犬種に

よってしつけの度合いも多少加減する必要があります。

しかしながらやはりしつけは大事なことなのです。

愛くるしい可愛さに負けてしまいなんでも許してしまうことで

子犬ちゃんはしつけという大事な部分を見落としてしまうのです。

ここはオーナーさんがしっかりと心して手掛けることなのです。

子犬が家族と一緒に生活していく上で最初に覚えたいのが

排泄の場所のしつけです。最近は子犬の時から家の外での排泄を

許してしまう方も多いのですが個人的にはあまりお勧めできません。

やはり子犬の時にきちんとトイレトレーニングを入れてあげてください。

その方法は至って簡単です。急に子犬がそわそわとしだしたりクルクルと

周りだす時というのはたいていの場合、排せつのサインなのです。

これを見逃さずにそっとトイレシートの上に場所を移動させて

声をかけながらおしっこやうんちを促してあげるのです。その子犬に

よっては予想に反して時間のかかる子や覚えが遅い場合もあります。

そこは気長に付き合ってあげてください。

そして子犬を迎えてまず誰もが悩むのが「甘噛み」ということです。

子犬はオーナーさんや家族と遊びたい一心でじゃれてついつい何でも

口で確認しようとします。人間の指も足も全て口で確認しなければそれは

不安だからです。子犬側にも理由があるのです。けれども人の体を噛むのは

いけないことだと根気よく教えましょう。

「ダメ」ということを伝えるためにはしつこく何度も口にするのではなく

低めの声で威厳をもって「ダメ」「イケナイ」と強く一度だけ子犬の目をみて

言ってあげてください。これを繰り返すことで声のトーンで自分が叱られている

ということを徐々に学んでいくからです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ