少年野球で良いピッチャーになる3つのポイント


良いピッチャーになるには

①強い気持ちと②コントロールよくボールが投げられれば良いピッチャーです。

良いピッチャーになるためには速いボールを投げることだと思い、スピードを求める選手が多いみたいですが、良いピッチャー=勝てるピッチャーです。勝てるピッチャー=コントロールの良さです。

すなわちコントロールの良いピッチャー=良いピッチャーとなるわけです。
少年野球においても、球が速くても四死球が多ければ勝てません。

では、どのようにしたらコントロールが良くなるのでしょうか?そのポイントを紹介します。

①下半身(投球フォーム)の安定

②前から投げる練習方法

③どのコースに投げれば良いのか

以上の3つがポイントです。

①下半身(投球フォーム)の安定とはどのようなことかと言うと、どんなフォームでも、1球でも投げられたボールは、また投げることが可能ということです。その確立をあげることがコントロールの向上ということです。

その1球をもう1球投げたかったら同じフォームで投げれば同じボールがいきます。疲れてくると土台となる下半身に安定感がなくなります。また、精神的に邪念がはいるとリリースポイントがブレます。

試合が終わるまで土台をしっかり保てるようにするには、強靭な下半身が必要なのです。ピッチャーが走り込みをするのはそのためです。

②前から投げる練習方法は、マウンドから投げるとコントロールにばらつきがあるピッチャーは、前から投げてみましょう。

90%の確立で思ったところに投げることのできる場所からでかまいません。そこがプレートから5m前であればそこで30球投げ、そのあとに1mさげてまた30球投げてください。

70%思ったところに投げられたら、そこが90%になるように前にもどったりしてどんどんプレートに近づきましょう。何日かけてもいいのでこの練習を続けましょう。

必ずコントロールの感覚的なものができてきます。最終的にプレートから90%思ったところに投げることができればもうその選手は良いピッチャーです。

③どのコースに投げることができるかの意味は、アウトコースにベースをかすって通過するストライクの球。

アウトコースにベースをかすりそうでかすらないボールの球。ここの2箇所に投げ分けられるようにしましょう。しかも打者のヒザよりも下に球を投げることができるようになればOKです。コースと高さを意識して投げましょう。

アウトコースにその2種類の球が投げることができるようになれば十分試合を作れます。
インコースにもストライクとボールを同じように投げ分けられれば尚良いです。

良いピッチャーを目指し信念をもって練習すれば①強い気持ちも自然に備わってきます。

プロ野球選手がスマホを使ってマンツーマンで指導してくれる!


少年野球・中学野球・草野球・あらゆる軟式野球の戦術、作戦、必勝法を網羅した軟式野球の兵法【野球】


もっと強い打球を打ちたければ、これを見よ!【ベースボールバイブルDVD】


少年野球 バッティング あの愛甲猛が教える少年野球のバッティングを上達させる指導法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ