【動画アリ】これはヤバすぎ!究極のバカッターがイギリスに現る!絶対に真似すんな!


どんな人でも、やばいことををやってみたいそんな年齢があったはずです。高い防波堤から海にダイビングしてみたり、ノーブレーキで坂を自転車で駆け下りるのを比べたり、とんでもないほどの高い木にのぼったり。

特に男の子では、ちょっとドヤ顔で自慢できる プチ武勇伝みたいなものが1つや2つは持っているはず。 ところが今回の動画「Teenager Lies Under Moving Train」に出演する少年は危険度はそんじょそこらの危険レベルなんて生ぬるいものではありません。 コイツ馬鹿?とんでもない勇気をもつヤツ?とにかく世界でも一二を争うほどのデンジャラスさなのです。心臓の弱い方は見ないほうがいいと思います。ではどんなアブナイ動画かというと、ある少年が、電車の線路の隙間に仰向けになって、高速で走り去る列車をやり過ごすというクレイジーな内容。 日本のバカッターではとても真似のできないほどの危険さ。

まずスクリーンに現れてくるのが、線路の上に1人立つイタリア人の少年。斜め後方に取り付けられた、監視カメラをちらりと見てから、着ている衣装を整えると突然線路上に寝転ぶのです。その動作は、あのユダが惚れた南斗水鳥拳のレイのようです。

そして、少年が自分の頭を穏やかに降ろした瞬間に、あちら側から列車が猛スピードで走ってきて…..

凝視しているコチラが唖然としている間に、猛スピードの列車は少年の体の上を爆走していく….

列車と線路のわずかな隙間に体が列車に触れないように、地面と列車の隙間に見事に?寝転んでいるようです。

とにかくこれは心臓に悪い!

列車が走り去った後ドヤ顔で立ち上がる少年。かすり傷一つ無いようでピンピンした姿で、カメラに向かって「俺の勇気を見せてやったぜ!どうだこのアンパンマンにも負けない勇気は!」といわんばかりのドヤ顔を披露。

全世界でのネットの意見は「絶対に模倣するな」「合成してるだろ!これは!」

さて、基地外地味たこの動画に関しての世の中の声をネット上を見てみると、「あぶねえええ」といった 危険だから真似すんな の真面目な意見と、「これは合成だ!ヤラセだ!」といった ヤラセだろの分析派意見の2つが大半。

「友人が真似して命を落としました」「大馬鹿者だ」「ヤラセだろう」「全世界の列車が同じ作りじゃないから、他でやるとアウトだろ」「インドでコレやったら、顔にウンチやおしっこが降ってくるよ。」「フェイクだろうがなんだろうが、これはあかん!」「こういうバカが後を絶たない」「簡単なトリック」 ネット上の意見はほとんどが絶賛はしていない模様。当たり前だが。どこを見ても「よくぞやった!」「最高だ!」なんて喝采はほぼゼロでした。

ちなみに、イギリスの新聞 Mirror などは、これは2つの動画を組み合わせたフェイクだと述べているメディアもある。

ことの真相はまだわかっていませんが間違いが無いのは、この少年が本当にこの行為を行ったのであれば、それは絶対にしてはならないことです。どうかこの動画をみて真似する人が出ないことを祈ってます。

クレイジーな動画はこちら

危険すぎていつ削除されるかはわかりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ