世紀の大発明?! 猫転送装置が作られた!!


日本の有名猫専門サイト『guremike』さんのサイトで紹介されている驚きの装置その名も『猫転送装置』が、国内のみならず海外でもかなりの話題担っています。この勢いは凄まじくついには天下のNHKでも番組で紹介したほどです。

この話題の転送装置どのような仕掛けになっているのでしょうか。すごく気になります。

ではその仕掛けとは?

      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・

ガムテープや電気のコード、リボンなどでした。ヘッ??

なんでそんなものでと思われるでしょう。本当に簡単な方法で猫が転送されてきます。

では実際の画像を見て行きましょう。

こんな感じで畳にガムテープで輪を作ります。さて本当に猫は転送されて来るのでしょうか。

猫転送装置

はい、見事に転送されて来ました。

猫転送装置

さらにその横に一回り小さい輪を作ると、なぜか小さい方にすぐに転送。

猫転送装置

電気のコードでも

猫転送装置

見事に転送されましたね。さらに海外ではいろいろなもので転送しているようです。

ベルト

猫転送装置

コチラもベルトに転送

猫転送装置

フラフープにも

猫転送装置

なんと犬までも??

猫転送装置

猫転送装置

出展先
guremike

Imgur

動画はこちら

なぜ猫がこのように輪に入ってくるのかははっきりわかってないようです。一説には身を隠して危険から身を守るという本能から来ているという意見があるようです。

猫を買っている皆さん、ぜひこの転送装置をお試しください。ちなみに親戚の家にいる猫は輪よりも便座カバーに転送するそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ