ミルフィーユを崩さずに食べる方法


ミルフィーユってご存知ですよね。サクサクのパイ生地にカスタードクリームといちごを交互にサンドして作る、有名なお菓子の一つですよね。もともとはフランスのお菓子で綴りは、mille-feuille、意味はは「千枚の葉」。あのサクサクのパイ生地を葉っぱに例えてあるそうです。元々のミルフィーユはカスタードクリームではなくジャムで作っていたようです。

さてこのミルフィーユ、ケーキ屋さんや喫茶店で注文して出されてくるときはだいたいフォークだけがついてきますよね。しかし、ミルフィーユをフォークだけで食べようとするとどうしてもバラバラに崩れてしまいます。折角のきれいな盛り付けのミルフィーユもこれではあんまりですよね。

しかしミルフィーユの構造上これは仕方のないことのように思われます。しかしこのミルフィーを崩壊させずに食べる方法があるのをご存知でしょうか。この食べ方を知っていれば、明日からあのミルフィーユを崩さずに食べることができるんです。ぜひマスターしてください。といっても簡単な方法なんですけどね。

まずミルフィーユを注文してフォークしかついていないときには、ウエイターさんにお願いしてデザート用のナイフを別途持ってきてもらいます。そして、まずフォークでミルフィーをすべらないようにしっかりとおさえます。そして先程持ってきてもらったデザート用のナイフの先端をお皿に押し付けて、そこを支点にする感じでナイフを下におろしていきます。一昔前にあった上を押し切りという道具のような感覚です。

押し切り

この方法なら今まで崩壊して食べにくかったミルフィーユもきれいに食べることができます。これを知っているとマナーににうるさい人や、デートでの彼の前でも安心して綺麗にそして華麗に食べることができます。アナタもぜひこの食べ方をマスターして周りの人から尊敬の眼差しを集めましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ