【以外?】二日酔いによく効くあの食べ物 二日酔いの予防にも効果抜群


二日酔いつらいですよね。どうしてあんなに飲んでしまったんだろうって後悔することも多いはず。なのにしばらくするとこのつらい二日酔いのことを忘れてしまうのが人間の(飲兵衛さん)のサガですかね。もともと日本人にはアルコールを分解する酵素を多く持っている人が少ないで、国際的にみても二日酔いになりやすい種族かもしれません。お酒を飲んで顔が赤くなる人は酵素の少ない人なので注意しましょう。

ではこの二日酔いの原因は何でしょうか。それはアルコールを分解する際にできるアセトアルデヒドです。このアセトアルデヒドはアルコールよりも数倍も強い生体反応を起こす有害物質で、このため吐き気や頭痛、めまいなどをおこすのです。

このつらい二日酔い。意外とあるものを食べれば予防できたり、二日酔いになった時によく効くそうです。お酒を飲むときに良いものといえば、まず浮かぶのがウコンですね。ウコンは肝機能向上効果と胆汁分泌促進効果があります。ウコンは別名ターメリックと呼ばれカレーの黄色い色を出しています。このウコンは最近は錠剤やドリンクなどで販売されています。その効果や効能からみても二日酔いになってから飲んでも遅いようです。つまり二日酔いをなおすものではないということです。ですのでウコンはお酒を飲む前に飲むようにしましょう。

つぎにしじみも二日酔いに良いと言われます。しじみはなぜ二日酔いに良いと言われるのでしょうか。しじみには多くの必須アミノ酸が多く含まれていてこれが肝臓に良いと言われています。またオルニチンも多く含まれています。オルニチンは、アンモニアの分解を促進してくれるので、その結果アルコールの分解を早めてくれます。これがしじみが二日酔いに効くと言われるいわれですが、やはりウコンと同じくお酒を飲む前、もしくは飲みながら食べるほうがよさそうです。食べ方はしじみ汁が一番効果的なようですね。

また、L-システインという成分も二日酔いに効果的なようです。L-システインは、アセトアルデヒドと直接反応して無毒化してくれたり、アルコールを無害な物質に変える酵素の働きを助けてくれるようです。このL-システインを効果的に取るにはハイチオールCなどがよいようです。L-システインはお肌にも良いようですので女性にはオススメかもしれません。

二日酔いになってしまったらまずは水分を多く摂りましょう。アルコールは実は体を冷やす効果があるので体を温めることも重要です。動けるなら温かいお風呂に入りましょう。その後、しょうがをすってお湯をいれ砂糖をいれて、即席のしょうが湯をつくって飲むというのが効果的です。さらに胃と肝臓、腎臓の当たりにカイロをはって更に温めるのも二日酔いの解消に効果的です。


この辛い二日酔いを防いでくれて、さらに二日酔いになってしまっても効果的な意外な食べ物。それはなんとラムネです。ラムネといっても飲み物ではなくおかしの方です。以外ですよね。

ではなぜ二日酔いにラムネが効くのでしょうか。それはおもな材料のブドウ糖が関係しているからです。ブドウ糖はアルコールの成分であるアセトアルデヒドを分解する効果があるので、その結果二日酔いの予防と二日酔いの解消にはもってこいの食べ物なんです。

二日酔いになったら、お風呂に入って体を温めしょうが湯をのんでラムネを食べて、水分をとる。これがベストな方法だと思います。まあ一番の方法は飲み過ぎないことでしょうが。しかし、忘年会や新年会などどうしても飲む機会が続くこともあります。そんな時はポケットにこっそりとラムネを忍ばせて、飲みながらちょっとずつラムネをかじるというのが理想でしょう。また最近流行りの水素水もかなりの効果があるようです。一度試してみては?なかでもセブンウォーターという業界最高濃度の水素が入っている水素水が人気のようですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ