冷凍卵の作り方と冷凍卵おすすめレシピ


冷凍卵の作り方と冷凍卵おすすめレシピ

最近話題の冷凍卵。作り方もチョー簡単です。まさに字のごとく冷凍するだけ。NHKの「あさイチ」でも紹介されていましたね。TVで紹介される前にもクックパッドなどでもいろいろなレシピが出ていました。我が家ではかれこれ10年以上も前から作ってましたけど(笑)

冷凍卵を作っていたというより、スーパーなどの安売りの時に多めに買ってきて冷凍保存していただけなんですけど(汗)意外とみなさんこの冷凍卵って知らなかったんですね。

ではこの冷凍卵の作り方から説明しましょう。

まずは買ってきた卵を(なるべく新鮮なもの)をジップロックなどのフリーザーバック等にいれ(ない場合は卵のパックそのままでも)冷凍庫へ装入~!そのまま最低一晩放置すれば立派な冷凍卵の完成。たったこれだけです。

さてそんな冷凍卵を使ったレシピを幾つか紹介します。はっきり言って安物の卵がヨード卵くらいの味に変化します。

まずはちょっと前に流行った黄身の醤油漬け。普通の卵よりさらに濃厚でモッチリした逸品になります。

まずは冷凍卵を常温で解凍(3~5時間程度)して、黄身と白身に分けます。そして黄身をビニール袋等にいれ醤油を注ぎいれ空気を抜いて口を結びます。漬け時間は20分程度から3時間位、自分の好みに合わせてください。我が家では醤油ではなく、めんつゆにみりんを足したもので漬け込んでます。そのまま食べても、イカそうめんや甘エビ、マグロに長芋を和えたものにのせて大葉や海苔を上から散らせば、ちょっとした一品に。

次は目玉焼き。冷凍卵を流水につけて少しだけ溶かし、カラを剥きます。縦半分にカットして手早くフライパンにカットした面を下にして焼きます。好みの硬さになるまで焼いてください。お弁当にちょうどいいサイズになりますよ。
卵を切る時は滑りやすいので注意してください。

あとは冷凍卵天ぷらもオススメです。冷凍卵を上記の目玉焼きと同じように流水解凍後、カラを剥きます。冷凍卵全体に小麦粉をまぶし、天ぷら粉を水で溶いた中にくぐらせて油であげます。170度くらいの温度でおよそ、5~7分(油の量や鍋によって変わります)揚げる際に卵が爆発することはありませんのでご安心を。そのまま食べてもいいですし、うどんやそばのトッピングにも最高です。

後は卵かけご飯もいいですね。冷凍卵をお皿などの上で解凍し普通の卵かけご飯と同じように食べるだけ。いつもの卵かけご飯に比べて白身はさらっと、黄身はモッチリして結構美味しいですよ。

アボガドと和えてもいいし、黄身焼き(イカや魚などに塗って焼く)なんかにしても美味しいですよ。温泉卵も美味しくできます。(鍋に沸騰させたお湯の中に冷凍卵をそっと入れふたをして10~12分放置。その後水に落としてカラをむけば完成)また、黄身は冷凍するとけっこう丈夫になるので、ハンバーグの中に包み込んでもいいですよ。

このように色々と美味しい食べ方ができる冷凍卵。みなさんもぜひこの冷凍卵をお試しあれ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ