【閲覧注意】マクドナルドの異物混入一覧にしました 画像あり


相次いで異物混入のニュースが出ているマクドナルドですが、そのマクドナルドの異物混入の一覧を画像付きでまとめてみました。

最近のマクドナルド異物混入の事件例

2014年8月 大阪・河内長野市、ポテトに人の歯
2014年9月27日 京都府、ホットケーキにアクセサリーの金具
2014年12月19日 福島県郡山市、「サンデーチョコレート」にプラスチック片
2014年12月31日 東京都、チキンナゲットにビニール片
2015年1月3日 青森県三沢市、チキンナゲットにビニール片
2015年1月7日 長野県松本市 ソフトクリームにビニール片

ポテトに人の歯

 

 

 

 

 

 

ホットケーキにアクセサリーの金具

 

 

 

 

「サンデーチョコレート」にプラスチック片

 

 

 

 

 

チキンナゲットにビニール片

 

 

 

 

 

ソフトクリームにビニール片

 

 

 

 

 

発泡スチロール片

 

 

 

 

プラスチック片

 

 

 

 

 

 

マフィンにナット

 

 

 

 

 

 

 

ポテトに虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一連のポテトの異物混入でネットでは

 

 

 

 

サラダに虫

 

 

 

 

 

 

 

チキンクリスプに虫

 

 

 

 

 

 
エッグマフィンにプラスチック片

 

 

 

 

さて、一連のマクドナルドの異物混入騒ぎですが、まずはあってはならないのが前提です。
しかし、一部には炎上目的でTwitterにさらしているのではと言った意見も出ているのも事実です。

ビニール片等は開封の際に誤って混入した可能性もあります。ナットやプラスチック片は製造過程での混入も十分に考えられます。
虫も種類によっては調理中などに誤って混入した可能性もあります。

しかし、歯やアクセサリーの金具、虫の種類によっては、炎上目的の可能性も無いとも言えないという意見がけっこうあるようですね。

実際、マクドナルドのポテトに歯の混入があった件を掲載したブログは現在は削除されています。この削除がどういった意味があるのかはわかりませんが。

異物混入は飲食業界にあっては、わりとよくある話なのですが(私も何度か経験しています)なぜこうもマクドナルドの異物混入事件例ばかりが一斉に取り上げられているのでしょうか。

一連の異物混入事件の謝罪会見に社長が出てこなかったというのも、こうなった原因の一つかもしれませんし、何となく上から目線ぽい会見内容も一因でしょうか。

とにかく異物混入にあった方にはお気の毒でしたというしかありませんが。

熾烈な価格競争での、すき家などの例をみても実際の現場では、とんでもなく忙しくて、従業員も限界状態で働いているのが原因かもしれませんし、あるいは従業員の教育不足かもしれません。原料費の高騰やデフレの影響で利益を確保するには人件費を削るしか無いのでしょうか。もし、それが原因でこのような異物混入のような不祥事が相次ぐならば、本末転倒のような気がしなくもありませんが。

このような異物混入の例は、とにかく現場でまるくおさめて本社に報告しないといった、一番最悪のパターンだったような気がしないでもありません。今後マクドナルドが異物混入にどのように改善していくのかが気になるところです。