少年野球での盗塁を成功させる3つのポイント


盗塁のポイント

野球というスポーツは特別体が大きくなくてもできるスポーツです。
また、特別筋力がなくてもできるスポーツです。
そう考えると、野球というスポーツは誰でも考え方次第でいい選手になれるということです。
野球の中に「盗塁」があります。
盗塁もまた、特別足が速くなくてもできます。イメージだと足が速くないと
盗塁はできないというイメージがありますがそうではありません。

盗塁のポイントを紹介します。
盗塁のポイントは、スタートをどう切るかなどさまざまありますが、
3つの方法を紹介します。

①大きなリードをとる方法
②クセを見抜く方法
③目の錯覚を利用する方法
があります。

①大きなリードをとる方法とは、牽制球を怖がらず、大きくリードをとり、少しでも次のベースに近づく方法です。基本的にこの方法は、ベースに向かって倒れて(寝て)手を伸ばした長さ、プラス一歩のリード幅であれば、牽制球がきても戻れるという考えかたです。ベースから3〜3.5mリードできます。

②クセを見抜く方法のポイントとしては、セットポジションに入ってから2秒で投球動作をはじめる投手がいたら、セットポジションに入ってから、1.8秒でスタートを切ることができます。
また、2球連続で牽制球を投げたら、3球は牽制球を投げないというクセのある投手なら、2球連続で牽制球を投げたら、思い切ったスタートが切れます。

③目の錯覚を利用する方法は、一塁ベースと二塁ベースにラインが引いてあるとして、ラインよりも前にベースから3mリードするのと、ラインよりも後ろにベースから3mリードするのとでは、同じ3mでもピッチャーからランナーを見ると、ラインよりも前のリードはラインよりも後ろにリードするよりも小さく見えます。
この目の錯覚を利用して、最初は後ろにリードして、牽制球がきたあとに前のリードに変えると、ピッチャーはリードが小さくなったと思い、牽制球を投げてきません。そのときに思い切ってスタートすると結構な確率で成功します。