最も電気代を安くする簡単な方法


電気代をガッツリ節約するには、どうしたらいい?

ひとり暮らしや共働きなどで口中留守にすることの多い家庭なら、

電力会社のナイトプランがお得だ。

例えば、東京電力には「おトクなナイト8」と「おトクなナイト10」のふたつのナイトプランがあり、

「ナイト8」は夜11時~朝7時までの8時間、電気代が70パーセントも安くなる。

ただし、それ以外の時問帯では電気代は20パーセット高くなる。

掃除・洗濯や食事の支度などを朝7時までにすませてしまえば、かなりお得なプランだ。

「おトクなナイト10」は、夜10時~朝8時までの料金が60パーセントお得になるプランだ。

ただしそれ以外の時間帯は40パーセント増しになる。

これは、昼問に集中する電力消費を夜間に分散させたい電力会社の思惑が関係している。

各電力会社に申し込めば、このサービスが受けられる。試しに1ヵ月問、切り替えてみて、

去年の電気料金と比較して得していたら続け、損していたらもとの料金プランに戻せばいい。

解約しても違約金がかかるなどの心配はない。

ところで、あなたは自分の家の契約アンペアをご存じだろうか?

 一般家庭では、30~50アンペアが多いが、それを10アンペア下げるだけで、

基本料金が月額で250円程度安くなる。

アンペアを下げると使える電気量も少なくなるので、

自然と節電するようになり、年間で5000円以上の節約ができる。

ただし、こちらはナイトプランと違い、変更したあと1年間は再変更できないから、

慎重に判断しよう。

意外とバカにできないのが待機電力だ。

実は家庭における電気代の約10パーセントが待機電力なのだ。

1ヵ月の電気代が1万円の家庭では、待機電力を使わないだけで年間1万2000円も得をする。

いちいちコンセントを抜くのが面倒だという方には、電源スイッチつきOAタップがお勧め。

これを使えば一気に無駄な待機電力をカットできる。

いずれにせよ、自身のライフスタイルにあったプランで電気代を節約しよう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ