男性が女性にウソをつけない本当の理由


なぜ「女のカン」は鋭いのだろう?

嘘をついたとき男性と女性ではまったく違う行動をとるという統計がある。

目の前にいる相手に対して、男性がやむをえず嘘をついたとしよう。

そんなとき、ほとんどの男性は相手から目をそらす。

嘘をついた罪悪感と、バレるのではないかという不安から、
とても真つ直ぐに相手の目を見ていられないのだ。

だが女性は違う。

嘘をつくと、相手から目をそらすのではなく、逆に相手の目をジッと見つめるケースが多い。

これは、女性に罪の意識がないわけでもないし、
まして、ふてぶてしいからというわけでもない。

嘘が見破られないかどうか不安のあまり、目が離せなくなるのだ。

相手の目の動きや表情から、バレていないか
読み取ろうとして、視線が釘づけになるというわけ。

一般的にいって女性は、カンが鋭く、男性の浮気をすぐに見破ってしまう。

これは女性が男性に比べ、観察力が優れているから。

もともと女性には、男性の4倍の観察力があるという。

女性の脳は、右脳と左脳をつなぐ「脳梁」というケーブルが太いため、
見たり聞いたりした情報を、右脳と左脳を同時に使って判断できるからだ。

左脳は、物事を「推理する能力」や、相手の話のつじつまが合っているか考える「論理力」、
時間や数値の「計算力」などに長けている。

一方、右脳は色や形の「見分け」、「記憶力」、「直感力」に長けているので、
過去の場面との食い違いや、なんとなく様子がおかしい、といったことを発見するのがとても得意。

女性は、これらの脳力を、同時に総動員できるのだから、
男のとっさの嘘を見抜くなんて造作もない。

ところが男性の場合は、観察時には左脳だけを主に使う。

女性のように、過去の発言や、状況などと照らし合わせた総合的な判断が苦手なので、
嘘を見破るのがへ夕なのだ。

つまり、女性は誰でも名探偵なのだから、男性は女性に対して
嘘をつくなど無駄な抵抗はやめたほうが得策なのだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ