海はいつからしょっぱくなったのかご存じですか


海で泳いだ事がある人はどのぐらいいらっしゃるのでしょうか。プールや川では泳いだ事がある人でも海では泳いだ事がないという人も案外多いのではないかと思います。海で泳がない人の中には距離的に無理という人もいらっしゃるのでしょうが、海水が染みるという理由もあるでしょう。海水には塩分が含まれています。塩は目や傷口に入るとどうしても染みてしまいます。

ではどうして海水には塩分が含まれているのでしょうか。今回はその仕組みについて考えてみます。

まず海水にはどの程度の塩分が含まれているのでしょう。地域や場所の差はあるものの大体3%程度だと言われています。3%と言われると少ないと感じる人もいるでしょう。

しかし海水の水分は熱を加えられると蒸発し塩分だけが残ります。夏場は熱いので、この現象が進んでいると考えられます。

また蒸発するという仕組みは川や湖などの淡水の説明にも繋がります。海水が蒸発して塩分と水分に分離、塩分はそのまま海に残りますが、水分は雲を作って雨となります。この雨が川や湖などの淡水となるのです。
とはいえ川や湖が全て塩分を含んでいないわけではありません。河口付近では海水と淡水が混ざり合いますし、湖の中でも海に近いところでは塩分を含む事があります。こういったところでは当然住む魚の種類も異なります。場所によっては海水魚の養殖に使われているところもあります。

では最初に海水に塩分を入れた原因は何なのでしょうか。答えは塩化水素だと言われています。太古の時代には大気には様々な物質が含まれていたと言われています。その1つが塩化水素です。

塩化水素は水に溶けて塩酸となります。塩酸は強い酸性を所持しており地面や岩さえも溶かします。ここでナトリウムと反応し塩化ナトリウム、つまり塩を作ったという流れです。
海は人類が誕生するよりも前からしょっぱかったのでしょう。