大内宿観光 ねぎそばを食べて


大内宿

大内宿は福島県・南会津に存在する古き時代の街並みや建物が

残る観光名所で年間、多くの観光客で賑わいを見せています。

江戸時代を味わえる街並みは旧宿場として下野街道と呼ばれていました。

会津から江戸に向かう大名や旅人はこの大内宿を利用して移動をしてました。

年間100万人の観光客が出入りを行い、古来の民家や建物、

歴史等を観覧できるスポットです。

現代の子供たちには味わったことがない雰囲気や食べ物、

お話を聞く事が出来る唯一の場所になります。

東京から行く人の多くは観光バスを利用した

ツアーや個人で車を利用しています。

南会津は山里にある為、自然豊かで静かな所に存在します。

街並みの両側にはきれいな川が流れ色々な物を冷やすのに

利用されてます。

大内宿の歴史は古く、江戸時代の参勤交代や

江戸廻米を運ぶ運搬路として発展してきた所です。

近年では大きな道が次々と作られ、集落が取り残されたのが

観光地へのきっかけになりました。

現在では重要伝統的建造物群保存地区に国から指定されてます。

大内宿の見どころは江戸時代の古き町並みや高倉神社などが

今でもきれいに保存されている所や

美味しい田舎ならではの食べ物です。

歩きながら食べる事が出来る物やお店に入り有名な

ネギそばなど食べる事が出来ます。

このネギそばはネギ一本を使い食べるそばです。

お土産には色々な珍味などを購入する事が出来ます。

都会では中々買う事が出来ない野菜や果物など販売されてます。

年間のイベントでは半夏祭りや雪まつりなどが開催されます。

大内宿は春から秋が訪問しやすい季節になります。

また、訪問しやすい季節は美味しい食材や風景をお楽しみ頂く事が出来ます。