夏休みの宿題 早く終わらせるコツはこれ!


夏休みの宿題 早く終わらせるコツ

夏休みの宿題は他の長期休暇に比べて随分と量が多いです。

そんな夏休みの宿題をズルズルと引き延ばして

八月の末に目を回すなんてことがよく起こるかと思います。

そんな皆さんに朗報です!夏休みの宿題が楽しく終わらせるコツがあります。

まず、夏休みの宿題は人の目がある場所でやります。

人の目があると集中し難いと思う人も多いでしょうが

意外にも他人の目があった方が速く進みます。

そして、飽きたらひとまず休憩することです。

よく定期的に休憩を取って計画的に進める方が良いと云われますが、

これができるのは一人できっちり宿題を終えられる人に限ります。

こういう人たちはもはや宿題のコツなど必要と

しないほど勉強に熟しているため参考にならないのです。

一般的に宿題に苦労する人は集中力が自足されている間に

できるだけ多く済ます必要があります。

そして集中が切れた時にはしっかりと休憩を取るというのが大事です。

そして休憩中は何もしないというのがポイントだったりします。

例えば休憩だとゲームを始めてしまうと二度と戻ってこれません。

何故なら、ゲームに集中力を使ってしまうからです。

筆者もよく宿題の合間にゲームをしたり本を読むと

その日はもう二度と宿題をしませんでした。

そのため休む時は本当にキッチリと休むというのが大切です。

何もせず休憩だけを行うとやがてその休憩にも飽きてきて

何かしようと云う気持ちになります。

そうすると再び宿題に向き合うことができますが、

この時にそれまでやっていた宿題を開いて面倒だと

思ったなら違う教化の宿題を開きます。

宿題の一問目は大体が簡単なはずです、簡単な部分だけでも

終わらせることで達成感が満たされて次に進む気持ちも上がってきます。

気分が良いと進みも早くなります。

また、分からないところは後回しにせず家族や

友人に尋ねるのも大事です。

あるいは電話なりで先生に尋ねることもできますが

先生に何度も繰り返し尋ねるのも迷惑でしょうから、

この場合は分からない場所をチェックして

纏めたうえで質問すると手間も省けます。

また、友達と寄って宿題をする時も各々の

得意教科をよく把握してお互いに助け合って進めていくと

無駄なことに気を取られずやる気を削がれないですみます。

最後になりましたが宿題をする場所は常に心地よい温度で

過ごしやすい状況であることが大事です。

煩い場所や暑い場所、逆に静かすぎるところや

寒い場所などはやる気を無くす原因や言い訳の

格好の餌食になってしまいます。

もしどうしても煩さを打開できない場合は

好きな音楽をイヤホンで聞くなども効果的です。

お腹が空いたり喉が渇いた時に我慢するのもだめです。

できるだけ心地良い環境で行い、宿題すらも楽しむという気概

があってこそ良き学習となっていきます。


夏休みの宿題に関連する記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ