夏休みの宿題の自由研究のテーマやネタの超簡単な決め方


自由研究テーマ


夏休みの宿題といえば自由研究ですが、近年はこのテーマに

困っている方が多いと聞きます。

自由研究と云えば自由に題材を決めて行う事が多く、

正確な意味の研究よりは図工や工作といった

意味合いの方が強いです。

筆者も自由研究の多くが工作であり、一番褒められたのが

その年に見た花火大会の図を貼り絵にした作品

だった事でこれは今でも少しばかり誇らしく思っています。

では、この工作での自由研究でテーマが決まらない方々への

アドバイスとしていくらか例を挙げて見ます。

まずはテーマは自由と銘打っているため本当に自由です。

近場で行うならば近隣の地図を作るのも楽しいかもしれません

遠出した先で見つけた虫や花を収拾して標本にするのも良いでしょう

あるいは海に行って集めた貝殻を紙に張り付けたりするのも美しいと思います。

全ては自由であり、興味を持ったものを自由な発想で工夫することが求められます。

ではその「自由」に逆に縛られる場合、自由だから何をしても良い、

だけど自由だから何も思いつかないという人も存在します。

そういった方は自分の好きなことに目を向けてみるとどうでしょう

誰にでも一つは好きなことがあるはずです

例えば野球が好きな方は好きな球団の応援グッズを作ってみたり

勉強が好きな人は自分で問題集を作ってみるのも楽しいはずです。

最近では多くのキットも売っていますが、自分で考えて何かを

作ったり行ったりすることは楽しく有意義です。

テーマは自由であり、それはあるいは遊びでも良いのです。

友達と遊んだ勝敗をグラフにしたり、ゲームをして攻略法を

詳しくノートにするのも立派な研究です。

家庭料理をレシピにしても良いです、夏休み中に見た映画や

DVDの感想文でも構わないはずです。

特に縛りのない場合は本当に自由である自由研究、

好きな物を追及していく楽しさは後の財産ともなります

自分に合った自由な研究をして発表する楽しい宿題は

自身の新たな一面を見出す将来に近付くための第一歩かもしれません。

こんなのもあります。

アイスの棒はこちらで

夏休みの宿題に関連する記事はこちら