夏休みの宿題代行サービスって使っていいの?


夏休みの宿題代行サービス

最近、話題になりつつある夏休みの宿題を代行する

所謂「代行サービス」ですが、使っていいのか

悩んでいる親御さんもいるはずです。

結論から言うと、法律上は使ったところで罪にはなりません

しかし子供のためにはならないということは明らかです。

そもそも宿題というものが課せられている以上、

それを成し遂げるのが筋です。

いかなる理由があれど放棄して良いことはありません

それを親が放棄させるというのは子供の

将来を踏みにじる行為と変わらないのです。

例えば代行サービスを利用して育った子供が

犯罪者になるといった危険性はおそらく無いでしょう

しかし少なくとも宿題というものに対しての

常識が欠如しているはずです。

宿題は代行サービスを利用して当たり前だと

主張するような人間になります。

そんな主張をする人間を世間は立派とは呼べないでしょう

例え子供に苦労させたくないと思って代行サービスを

利用しようなどと考えている親がいるならば、

それは社会に出た時に子供が苦労することへ

繋がると筆者は断言します。

代行サービスを利用する親の中に

「宿題より他の事を経験して欲しい」

と主張した方がいるそうです。

正直、そんな他の事を経験しても無駄とは言いませんが

子供のためにはならないと思います。

他の子供が真面目に取り組む宿題を他人にお金を

払って済ませてやり過ごすような経験は

人生の汚点と呼べる程度の価値しかないでしょう

ある意味では汚点を親からわざわざ贈られた

という貴重な経験かもしれませんが、

自分の親が代行サービスを利用したと

考えるだけで筆者の胸中は沈みます。

おそらく、子供は何が正しく何が間違っているか

理解しているはずです。

自分の親が正道を踏み外していることも

必ずいつか学ぶはずです。

そうした時、このサービスを利用する親は

どんな弁解を述べるのでしょうか

おそらく他者などに罪をなすりつけると思います。

何とも卑怯な行為です。

そして子供は親の愚行を学び自分も同じように

正道に反した動きをすでしょう

稀に親の行為から学び正道一本を進む子もいるかもしれません

しかしほとんどが親と同じ思考を持って行動を始めると思います。

要するにこういうサービスを使う親は

自らの手で子供を陥れようとしている

無自覚な悪の根源なのです。

代行サービスを使わずに真面目に子供に宿題をさせているが

代行サービスを使っているらしい子供が近所にいると感じ

自分の子が存しているように感じる親もいるかと思います。

断言しましょう、決してそんな事はありません!

真面目に宿題をした成果は必ず自分自身に戻ってきます

うちの子だけ必死に宿題をして可哀相などと思う必要はありませんし、

ましてやよその子が代行サービスを使っていて

ズルいと目くじらを立てる必要もないのです。

例えどれほど世間一般に代行サービスが横行しようとも、

こういう時こそ「うちはうち、よそはよそ」と考えて

自分と子供だけはモラルのある正しい行いを選びたいものです。

夏休みの宿題に関連する記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ