間違いのない披露宴BGMの選び方 EXILE、MONGOL800、GReeeeN


間違いのない披露宴BGMの選び方

披露宴では、いろいろなシーンでBGMが流れますね。

入場やウェディングケーキ入党、キャンドルサービス、

の手紙など、ほとんどの場面で、そのシーンに

ふさわしい曲がかけられます。

BGMといっても、邦楽が好きな人もいれば、

洋楽が好きな人もいるでしょう。

そのほかにも、クラシックやアニメソングを

選びたい人もいるでしょうから、選曲の幅は無限に

あると言えます。

新郎新婦の中には、音楽好きなので、

全て二人で選曲します!という人もいます。

それはそれで、披露宴に対する二人の思い入れがあって、

きっと、思い出に残る素晴らしい披露宴になることでしょう。

ですが、すべて最初から自分たちで選曲するとなると、

とても大変な作業になります。

数々の披露宴を見ていて、「入場シーン」のBGMだけは、

披露宴のプロにお任せしたほうがよいので

はないかなあと思います。

なぜなら、入場を彩るのにふさわしい、新郎新婦や

結婚式の雰囲気にぴったりの曲を選ぶというのは

なかなか難しいからです。

絶対に新郎新婦で曲を探したい!という場合は、

選曲のコツとして、インパクトの強い曲を選びましょう。

披露宴では、盛り上がる場面がいろいろありますが、

中でも、最初の新郎新婦入場ではゲストに、

しっかりと新郎新婦に注目してもらえる曲を選ぶことが大切です。

誰もが知っている曲や、歌詞がわかりやすい曲は、

年齢を問わず喜ばれますね。

次に大切なことは、イントロのタメの部分が、

あまり長くない曲を選曲することです。

盛り上がるまでの部分が長すぎると、待たされる

ゲストの集中力も途切れますし、司会者が

「準備が整ったようです。新郎新婦ご入場です!」

と言いながら間をつなげる際に、タイミングがタメの

部分とぴったり合うとは限りません。

ですから、音がすぐに始まるカット・インの曲や、

出だしの音が印象的な曲の方が、タメの長い曲よりも

インパクトがあってお勧めです。

例えば、邦楽であれば、EXILE、MONGOL800、GReeeeN

などの曲は、よく入場曲として選ばれます。

新郎新婦の入場シーンは曲が流れたら、

ただ会場に入るというものではありません。

新郎新婦の好きな曲で、会場の雰囲気にも合い、

なおかつ、ゲストが扉の方に目線を向けてくれる

曲を選ばなければなりません。

このように説明すると難しくて無理、と思う方も

いらっしゃることでしょう。

そういう時は、ブライダルコーディネーターに

相談したり、会場にあらかじめ用意されている曲を

利用することをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ