お盆の休日間の高速道路の渋滞予想と渋滞の対処法


2014年お盆の休日間の高速道路の渋滞予想

お盆とは日本の古くからの風習として

先祖の霊を迎える行事として行われてきました。

お盆休日の近日にはお休みをとられている方も多く

今年もふるさとへ帰省する人が多いのではないでしょうか。

しかし、一斉に移動することにより

毎年お盆時期になると報道されるのが、

高速道路などの各箇所での渋滞ニュース。

一度は誰しも見たことがあると思いますが

車の赤く色ずくテールランプが

実際に運転される人も含めて

毎年の事だと思いながらも、ストレスが溜まります。

そこで事前に知っておきたい【2014年のお盆休みの期間】と、

【お盆の休日間の道路の渋滞予想】についてです。

2014年のお盆休みの期間は

会社によるところも有るかと思いますが

8月13日(水)~8月17日(日)までが多いかと思います。

15日(金)後が土曜日、日曜日と続きますので

5日間の休暇を取られている方が多いようです。

理想は連休中に帰省をせず

海外でゆったりと過ごすことですが

多くの方がお盆期間中は仕事を休んでいて

上手くいけば、連休をとれた方もいるでしょう。

このためにお盆休みの期間中は高速道路の渋滞が起こります。

せっかくの休みを無駄にしないように

時間をずらしたり、交通渋滞を把握し

計画通りに高速道路の渋滞の回避に努めていただくため

お盆期間中の高速道路の渋滞箇所についての

情報をお伝えします。

東名高速道路

秦野中井IC、海老名JCT、大和トンネル付近が

交通渋滞箇所してと知られています。

東北道は

矢板IC・大谷PA・佐野藤岡IC

常磐道は

猪苗代磐梯高原IC

関越自動車道は

藤岡JCT・花園IC・新座料金所・大泉JCT・渋川伊香保IC

中央自動車道は

高井戸IC・相模湖IC・小仏トンネル・元八王子BS(バスストップ・バス停)

大月JCT。日本坂トンネル。大和トンネル。

この情報は記事投稿した現段階の予測であり、

直前に日本道路交通情報センターで情報収集をしてみていただくと

より確実性が高まります。

渋滞ピーク時の渋滞でのすごし方

事前にリサーチしても当日事故や天候により

事態が変わってしまうことも多くあります。

そんな時にピーク時の車内での楽しむ方法です。

○高速道路にある温泉室や観覧車があるSAに寄り渋滞ストレスの軽減

そういえば、高速道路には温泉施設や観覧車が

あるSAがあるそうですね。

○刺激の強いガムで眠気防止、リフレッシュする

○車中カラオケで一家団欒

○落語や漫談CDを聞く

高速道路上の渋滞ピークの際には

事故・怪我がでないように気を付つけて

車内の過ごし方にひと工夫取り入れ

気分のリフレッシュを図り

安全運転を心がけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ