鶴ヶ城(会津若松城)のライトアップやアクセスについて


鶴ヶ城(会津若松城)

福島県内でも海外旅行者の訪問が多い、会津・鶴ヶ城は

毎年多くの観光客で賑わっています。

国内旅行でも人気があり、春先の花見頃には大変混雑するスポットになります。

各地で色々な観光ツアーが組まれ大型バスで次々と訪問します。

鶴ヶ城とは一般的に会津若松城とも言われております。

この名城は新政府軍の猛撃に耐え、落城しなかった城です。

その後、一旦石垣を残し立て直しが行われました。

その際、多くの寄付により今の鶴ヶ城が出来上がりました。

最近ではテレビで放送された人気あるドラマ「八重の桜」

で人気が再浮上したスポットになります。

東京から来る人は各種旅行会社などの観光ツアーやJR東北新幹線を

利用してJR会津若松駅で下車する事になります。

会津若松市内にはハイカラさんというバスが走っておりますので

市内観光も同時に行う事が出来ます。

鶴ヶ城では様々なイベントが開催されております。

春の花見頃にはさくらまつりなどが行われます。

会津鶴ヶ城には無料で入る事が出来ます。

年中無休で入れますので近くに行った際は一度観覧するのも目の保養に良いです。

面白いイベントでは最近各地で行われている

プロジェクションマッピングなどが開催され、

多くの観覧者を楽しませております。

このイベントは鶴ヶ城に様々な画像を映し出して彩豊かに演出

を行うイベントになります。

この土地は福島県でも観光地やリゾートとして多くの

施設や建物が立ってます。

古き良き時代の風景や街並みもお越しになられた際は

観覧して楽しむ事が出来ます。

比較的、近くにあるリゾートでは猪苗代湖が存在します。

福島県では唯一、湖水浴や水上バイクなどのレジャーを

楽しむ事が出来ます。

また、千円札に印刷されている野口英世の実家も存在してます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ