USJに行くなら絶対知っておきたい5つのこと!これで完璧!


USJに行くなら

USJを始めて楽しむ方や慣れていない方はいったい何を用意して

どうやって向かえばいいか悩むということも珍しくありません

そういった方はちょっとした注意点を意識するだけで

随分と楽にUSJを遊べる方法があります。

1「靴は絶対スニーカー」

どれだけヒール慣れしている方でも我慢できるというだけで

全く疲労しないという訳ではありませんよね

特にUSJは全体的にアメリカンスタイルな街並みですので

石畳が多くヒールやサンダルといった女の子が可愛く見える

靴の部類はことごとく歩き辛いです。

おまけに敷地にベンチが少なく、エリアごとに距離が

あるため靴擦れを起こした時などかなり悲惨です。

スニーカーなんて暑いと思われる方はいっそビーチサンダルの

方がまだマシかもしれませんが、やはりおすすめは

安定感のあるスニーカーです。

おすすめはこちら↓今密かな人気です!



全てのアトラクションが脱げやすい靴にも対応して

ゴムバンドを配ってくれますが、足の形によっては

そのゴムバンドが痛い場合もあります。

2「おしゃれより普段着」

アトラクションの一分が濡れる危険性があったりします。

乗る場所などによって濡れないこともありますが、

汚れる危険性が高いため汚れても良い服を選ぶべきです。

1万円以下でトータルコーデが完成できちゃう♪


もちろんダサイ服を着ろと言っている訳ではなく、

よそ行きの服やおしゃれ着洗いしか受け付けないデリケートな

服より動きやすい普段から着なれた洗濯を気軽にできる服を

選んでくださいという意味です。

ジーパンにTシャツなんてベストかと思います。

スカートよりズボンの方が無難です、見えはしませんが

見えるかもしれないと不安になります。

3「タオルは持参、カバンは大きく」

もちろん、パーク内で売っているタオルでも良いですが、

新品のタオルより一度洗っているタオルの方が汗を拭うには

最適ですので持っておきましょう。

カバンは大きく、荷物の全てが収納できる方が良いです。

とはいえ大きすぎても激しいアトラクションの時に

ロッカーに入るか不安になると思いますので一般的な

トートバックぐらいが良いかと思います。

雨傘はもちろん、日傘も収納できる場所があるので

日に弱い方は日傘を持っていくのも大事です。

4「疲れが心配な方は電車で」

駐車場もあるので車で行こうと思われる方も多いかもしれませんが、

普段から車を乗っている方はともかく休日にしか乗らないといった方は

大人しく電車で行ったほうが良いです。

おそらく帰りが異常に疲れます。

また逆に車が得意で電車が苦手という方は大人しく

車を選択したほうがいいかと思います。

そういった方は運転分の体力だけは温存しておいてください。

5「飲み物は持参」

暑い日はとことん汗をかくのでペットボトルやパーク内の

飲料では足りないという時もあると思います。

パーク内にもコンビニなどありますが、それとは別に一人一本ぐらいの

計算で飲料を持っておいて欲しいです。

水分補給を大事にどこでも飲めるように鞄に一本は

入れておくと熱中症対策にもなるかと思います。

とりあえず、これだけ頭に入れておくと楽しさより疲れが

たまって何も覚えていない、なんてことにはならないかと思います。

疲れた時はいっそ地べたでも良いので座って休んでしまいましょう

結構多くの人がそうしているので気にならないはずです。

特にこれからは暑くなり、混雑が激しくもなる季節ですので

しっかりと暑さ対策を施して、待ち時間も耐えられるように

準備をして損はないです。

USJに関連する記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ