あなたは大丈夫?披露宴のコーディネイトの注意点とマナー


あなたは大丈夫?披露宴のコーディネイト注意点

披露宴の新婦友人の服装を見て、びっくりしたことがあります。

全員が、全身真っ黒な装いなのです!

おそらく、友人同士で相談した結果なのでしょうね。

「○○さん(新婦)の結婚式に何を着ていく?」

「目立つと悪いから黒いワンピースで行こうと思っているの。」

「そっかあ。じゃあ、私も黒い洋服にしようかな。」などなど・・・。

誤解のないように申し上げますが、黒い服装に参列することに、

反対しているのではありません。

それどころか、黒のドレスは高級感がある上に、着回しが利きますし、

外国では、セレブのパーティーで一番人気なのは華やかな黒ドレスだと

いう話を聞いたこともあります。

問題なのは、黒の洋服ではなく、ストッキングも鞄などの持ち物も、

すべて黒で揃えてしまっていることです。

全身黒は喪服、つまり「葬儀」に参列するときの服装ですよね。

多少アクセサリーで華やかさをプラスしたとしても、黒の方が

目立ってしまう服装は地味すぎて、披露宴には不向きです。

黒ドレスを着るときは、黒い靴や黒のストッキングは控えるようにして、

ボレロやアクセサリー、バッグなどは、明るい色を合わせて

華やかにした方がよいでしょう。

また、黒がNGだからと言って、白系の装いは大丈夫かというと、

白は花嫁だけが身につける色ですので、白もよくありません。

白に見えそうな色のドレスを着る場合は、ボレロや

小物に濃い色を合わせるとおしゃれです。

例えば、靴やバッグを黒にすると、ゲストスタイルらしくなりますよ。

それから、若い女性にありがちなのが、胸元がぐっと開いたワンピースです。

ボレロで一応は隠してはいる様子が見受けられるのですが、

やはり肌の露出度が高く、良い印象を受けません。

身体の線がはっきりと出てしまうドレスやタイトスカートのように、

ぴったりと身体の線が出てしまう服装も好ましくありません。

酔っぱらった姿が、まるでキャバクラ嬢のように見えるゲストもいます。

あくまで主役は結婚するお二人なので、新婦より目立つ服装は、

好まれませんので気をつけて下さいね。

なお、昔の結婚式では、ファーなどの毛皮を身につけるなんて、

考えられないことでしたが、最近は、新婦がボレロ風に

着こなしている場合もあって、披露宴での服装マナーは

緩和されてきているのだなあと感じます。

それでも、ご年配が参列する披露宴では、やはりよい印象は

与えませんので、礼儀知らすと思われない服装を心がけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ