驚き!?ご飯やお菓子で体臭がくさくなる!さらには便秘や口臭も・・・


体臭がくさくなる

脂肪分とたんぱく質で体臭がくさくなる?

体臭には脂質系が関係するものと、肉などのたんぱく質系、米や小麦などの炭水化物系

の3種類の原因があるようです。

一般的に悪玉菌といわれる腐敗菌は、脂肪分とたんぱく質の分解を担い、

善玉菌では分解不可能な高分子の成分を分解するという大事な仕事をしています。

しかしこれが問題で脂肪やたんぱく質を分解するときに、いろいろな腐敗毒素の副産物も

同時に作成してしまうのです。
 
人間の腸内でつくられたこの腐敗毒素は肝臓に流れていき肝臓で解毒処理を行います。

肝臓ではこの「ニオイ物質」を選別して外へ送り出します、しかし肝臓の働きが悪くなると、

「ニオイ物質」の選別が思うようにいかず、そのまま「ニオイ物質」が血液中に残り

これが体内をぐるぐるとめぐります。

やがてこの血液が肺に送られて、呼気にニオイがもれ出しだのがいわゆる口臭で、

汗に混じった「ニオイ物質」が皮ふの表面から出たのが体臭です。

たんぱく質の腐敗物であるアンモニアが原因で、し尿のようなニオイになり、

便や尿、汗からニオイを放ちます。

硫黄のような、腐った卵のようなニオイはたんぱく質の腐敗物であるインドールや

スカトールなどが原因で、口臭や便からもたらされます。

精白された炭水化物が体をくさくする?

脂質やたんぱく質と違い、比較的分子量が小さい炭水化物は、いわゆる善玉菌のエサになり、

腸内腐敗を引き起こすことは稀です。ところが、いわゆる早食いなどでよくかまなかったり

食べすぎたりすると、胃腸の不完全燃焼状態から腸内腐敗を引き起こすこともあります。

炭水化物でも、特に精白されたものは、より不完全燃焼を引き起こしやすいようです。

このため、白米や白砂糖、精白した小麦粉などの過剰摂取が原因で腸内腐敗が起き、

体臭が発生するケースがふえるのです。意外ですね。
 
日ごろから、ケーキ、チョコレート、菓子パンやまんじゅうといった菓子類が

好きな人は、特有のバニラのような体臭が出るようです。

一番の例が糖尿病患者で、息、汗、尿から甘いニオイがします。

このような炭水化物が原因となって発生するニオイは、白砂糖や白米などの精白食品が

善玉菌のよって分解するときに生まれる乳酸や酢酸などの有機酸が血液中に増加することで、

汗腺でアンモニが生成され、口臭や体臭として発生するようです。

お昼に牛丼大盛り、デザートにケーキばかり食べているとくさくなるかも。

動物性食品で便秘が増加?

昔は便秘に悩む人は少なかったのですが最近ではなんと、一日本人の60~75%は便秘

という統計もあるほどです。

日本人に便秘がふえてきたのは、いろいろな要因があるようですが、

まず第一にいわれているのが食の欧米化です。

昔の日本の代表的な朝食といえば、ドラマに出てくるような、ごはんにみそ汁、焼き魚、

納豆、おひたし、おしんこなどが普通でした。

現在ではパンにバター、スープ、ベーコンエッグ、コーヒー、紅茶といった洋風なものが多くなってます。

また、お昼ごはんもかなり変化しました。昔の子どもの昼食は、母親の手作り弁当で中身は

梅干し、塩鮭、きんぴらごばう、昆布のつくだ煮などでしたが、現在は洋風の学校給食です。

おとなの男性も、手作り弁当の代わりに、コンビニ弁当や外食で野菜の少なく高脂肪食になってます。

女性の昼食も、どうしてもインスタント食や高脂肪食に片寄りがちに。

また、夕食も、魚や菜っ葉のおひたし、野菜の煮物、きんぴらごぼうなどの和

風のおかずは少なくなり変わりに、ハンバーグ、焼肉、グラタン、コロッケなどの高脂肪の

おかずがメインになっています。

このように食の欧米化が進んだことにより食物繊維をとる量が不足してきています。

これが現代の便秘のいちばんの原因になっているのです。

またこの食の欧米化は

・脂肪と砂糖のとりすぎ

・食物繊維が少ない

・食品の加工度が高すぎる

の弊害をもたらしています。

現代の日本人は植物性食品の摂取が減少し、雑穀類は食べず、

米も精米して白米にし、皮つきのまま野菜や果物を食べることが少なくなっているために、

食物繊維やビタミン、ミネラルといった栄養素が不足してきています。

食品は加工をすればするほど、ビタミンやミネラルなどの栄養素が減少していきます。

しかしながら現代は加工食品全盛の時代です。

これらも、便秘による体臭悪化の原因になっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ