相馬野馬追祭り


相馬野馬追祭り

福島県・相馬市で年に一度、夏に開催されるイベントが有ります。

甲冑に身を固めた男性たちによる馬追祭りです。

約500の騎馬武者たちが腰に太刀、背中に旗を付けて疾走する

豪華勇壮の戦国絵巻を観覧する事が出来る一大イベントです。

毎年7月最終土曜日、日曜日、月曜日に開催されます。

初日の25日は安全祈願祭と総大将出陣祝いの宴。26日は御発輦祭、

出陣式、宇多郷行列、総大将お迎え、宵乗競馬。

27日はお行列、甲冑競馬、神旗争奪戦、お上がり行列、

最終日の28日は野馬懸が行われます。

2日目の出陣式では相馬中村神社、太田神社、小高神社の

相馬三妙見神社で執りが行われ、御本陣である主会場へ出陣します。

総大将お迎えでは副大将を中心に整列して総大将をお迎えします。

総大将の訓示の後には御本陣である雲雀ヶ原祭場地まで進軍して進みます。

3日目になるとお行列が開催され約500の騎馬武者達が

3キロ先の御本陣まで進軍します。

祖先伝来の旗や甲冑を付け威勢ある戦国絵巻の行列を観覧する事が出来ます。

その後、迫力ある甲冑競馬を観覧する事が出来ます。

陣螺、陣太鼓が鳴り響くと兜を脱ぎ白鉢を巻き付けて騎馬武者が疾走します。

その後、神旗争奪戦が始まります。

陣螺を合図に数百の騎馬武者たちが集結して舞い下る御神旗めがけて

突進する姿を観覧する事が出来ます。

この祭りは国の重要無形民俗文化財に指定されております。

福島県・南相馬で行われる相馬馬追祭りに行く方はJR福島駅から

直通バスもしくは急行バスを利用して行くことが出来ます。

車で行くの方は東北自動車道の二本松ICを利用する方が多いようです。