結婚式、披露宴の前日に必ずしておくこと 新婦よりも新郎のご家族へ


結婚式、披露宴の前日に必ずしておくこと

新郎新婦は、挙式や結婚式・披露宴の前日や当日は忙しいので、

前もって忘れ物がないように準備しておきたいものですね。

事前に、ウェディングプランナーや式場関係者に相談して、

必要なものを用意しておきます。

ですが、どんなに気をつけていても、「○○を忘れてきてしまった!」

というパターンはしょっちゅうあります。

それは、新婦よりも新郎のほうに多い傾向があるようです。

中でも、よく忘れ物としてあげられるのが、洋装小物

(ポケットチーフ、タイ、カフス、手袋、靴など)です。

洋装小物は、普段の生活では身につけないものがほとんどですから、

ついつい忘れてしまいがちです。

新郎のフォーマルウェアや、ポケットチーフ、ウィングカラーシャツ、

タイ、手袋、靴などは、式場やホテルから借りることもできますが、

新郎自身が持ち込む場合は、忘れないように気をつけて下さいね。

また、ホテルでは貸してくれないものが、インナーの白いシャツや靴下です。

インナーは、普段着ているはずのものだから忘れるわけはないと思っても、

結婚式当日になってバタバタして忘れてしまうものです。

実は、新郎の忘れ物の中で、一番多いものがインナーだと言われています。

(新郎の親族が、新郎に頼まれてあわてて買いに行く姿も見かけたこともあります。)

靴下も、座っているときにチラリとみえてもおかしくないように、

靴の色とかけはなれないものを用意しておいてほしいものです。

靴の色に合わせて、黒か白、またはグレーの無地の靴下はきちんと準備しておきましょう。

結婚式は、新婦はもちろんですが、新郎も主役ですので、新郎自身の

衣装にも気を配ってほしいなと思います。

また、新郎は、最後のあいさつ「謝辞」の原稿を、控室などに忘

気をつけてください。

以前にあった話ですが、新郎が、謝辞を練習しようと、

タキシードの胸ポケットに原稿を入れていました。

ところが、お色直しをして、違う衣装に着替えた時に、

うっかり最初に来ていたタキシードのポケットに原稿を入れたままで、

会場に戻ってきてしまったのです。

幸い、新郎は謝辞をかなり練習していたので、原稿なしでも話すことができましたが、

見ているスタッフはヒヤヒヤしました。

新郎は、謝辞をしっかり練習して暗記しているという場合でも、

大勢の前で話すのですから、緊張するかもしれません。

原稿は見ないつもりでも、万が一に、話の内容を忘れた時の

お守りとして、胸元に入れておくようにした方がよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ