少年野球守備上達のコツはこれ!これさえできればOK!


少年野球守備上達のコツ

プロ野球選手がスマホを使ってマンツーマンで指導してくれる!

少年野球における守備上達のコツはなんといってもキャッチボールです。

「キャッチボールがうまくできる=守備がうまい」と言うことができます。

少年野球で試合に負けるときは、ほとんど送球のミスが原因で失点してしまい

負けるケースが多いのです。

「送球が悪い=キャッチボールができない=負ける確率が高い」

ということになります。

キャッチボールの重要性を子供たちに理解させましょう。

少年野球でのキャッチボール上達のコツは3つあります。

1つ目は、①軸足を垂直に入れることです。

相手のボールを捕球したら、右投げならば右足を垂直に

(内側のくるぶしを相手に向ける感じに)入れることです。

この事により投げる方向が決まります。

そして、親指に体重を集め、しっかりと軸足一本で立つことが

できるようにすることです。

2つ目は、①の続きで、②左足(自由な足)が地面に着いた形を

大事にすることです。

(右投げの例)左足は軸足のかかとの延長に踏み出すのが

投げることにおいて無理のない形です。

そして左肩がアゴの下にくる形が理想的です。

左肩がアゴの下に来るということは、体が開いていない証拠でもあります。

この形が俗に言う「トップの形」です。

①、②ができればあとは腕を振りボールを投げることです。

暴投が生まれる原因は投げる前のどこかの部分に隠されているのです。

3つ目は、③相手に的を作ってもらうことです。

キャッチボールのときにどんなに距離が離れていても

相手にしっかりグローブを見せて構えてもらい、

そこへ投げることが大事です。

この事によりコントロールが付きます。

この3つの事を意識すれば必ずキャッチボールは上達します。

キャッチボールが上達すれば守備は必ずうまくなります。

あとは捕球できれば良いだけです。

捕球のポイントは、ゴロの場合、常にショートバウンドか

ボールが落ちてくるところのどちらかで捕球することを

心掛けることです。

このどちらかのところで捕球できるようにバウンドを

探しながらボールに寄っていくことができれば、

打球をしっかりと処理できるようになります。

フライのときは、体が伸びないことがポイントです。

体が伸びるということは、膝が伸びてしまうということです。

膝が伸びてしまうと、体を動かす融通がきかなくなり、

フライを落としてしまうことにつながります。

膝が適度に曲がっていれば前後左右に体を動かすことができます。

そのことによりフライの落下地点が予想よりずれていた場合、柔軟に対応できます。

このことはフライだけではなくゴロを捕球するときも

当てはまりますので是非、意識していきましょう。


野球少年向けピッチャーズバイブル


潜在意識を引き出してコントロールを良くする方法【ベースボールバイブルDVD】


野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ