白河提灯まつりのみどころ


白河提灯まつり

福島県・白河市で行われる日本三大提灯まつりの

一つ白河提灯まつりは暑い夏休みが終わった

9月に行われます。

人々の熱気と情熱、精神的な活動により

長い歴史人々に伝えられた祭りでもあります。

白河提灯まつりは総鎮守として人々の尊崇を

集めた日本三鹿島の一社、白河鹿島神社の例祭になります。

現在の白河提灯まつりに用いる神輿や提灯行列、

屋台、山車の引き廻し類は徳川家時代に成立した形式になります。

この白河提灯まつりの祭礼の型も幕府の許可の元、

武家社会の格式を取り入れた独特の提灯まつりになります。

現在、参加されている町は23町と言われ様々な町印が

描かれた提灯を観覧する事が出来ます。

白河提灯まつりに参加される人々は年齢や

性別に関係なく参加する事が可能です。

市民総出で祭りを盛り上げ発展している祭りになります。

白河提灯まつりで観覧する事が出来る提灯の光は

とても妄想的で神秘的な明かりになります。

集合的に進む行列の流れは見る方を魅了させます。

日本三大提灯まつりの一つ白河提灯まつりの

見どころは提灯になります。

様々な町の町印が描かれた提灯を暗くなった

夜に見るのはとてもきれいな光になります。

数千個の提灯の光を元に様々な隊列が組まれ、

提灯行列が進んで行きます。

隊列の中に21基のお神輿が存在し様々な人々によって

担がれた暴れ神輿は迫力ある見どころになります。

行列の先頭には先達提灯が存在し指定された場所で

上げ下げのパフォーマンスが行われます。

この先達提灯は一人では上げる事の出来ない

長竹を使って行われます。

無事に先達提灯が上がると人々は歓声を上げ、喜びます。

この白河提灯まつりの醍醐味は暗い中で揺れる広がる提灯の光になります。

白河鹿島神社のたいこ橋や阿武隈川を神輿が渡るシーンなどは

幻想的で白河提灯まつりの最大の見せ場になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ