少年野球のバッティング上達の3つコツ


少年野球のバッティング

プロ野球選手がスマホを使ってマンツーマンで指導してくれる!

少年野球におけるバッティング上達のコツは3つあります。

1つ目はタイミングです。

よく監督やコーチに「タイミングをしっかりとれ!」と言われます。

タイミングとは何なのでしょうか?

右打者の場合、投球動作に合わせて①軸足(右足)に体重を乗せ、

②自由な足(左足)が地面に着き、その後③バットを振ります。

①②③が連続して行われるのがバッティングです。

タイミングとは②のことを言います。

自由な足が地面に着地したとき、投手が投げたボールが

どこにあるかでタイミングは決まります。

自由な足が早く着地しすぎるとボールはまだ遠くに

あるため体が突っ込みます。

自由な足が遅く着地するとボールが近くにあるため詰まります。

自由な足が着地したときに適切なところにあると

良いタイミングでバットとボールがあたります。

また、良いタイミングだからこそバットがしっかり振れるのです。

2つ目は、思い切りの良いスイングをすることです。

思い切り振ると速い打球が飛びます。

打球が速いと野手の間を抜きやすいのでヒットになる確率が上がります。

また、打球が速い分エラーも生まれます。

さらに、投手も打たれるのを怖がって四球が増えます。

3つ目は、バットコントロールです。

試合でのバッティングと練習でのバッティングは違います。

まずそのことを少年野球の選手たちに理解させることが大事です。

では、どうちがうのか?それは、試合でのバッティングには状況があり、

試合では、状況に応じたバッティングが必要になってくる部分です。

野球は点を多く取ったチームの勝ちです。

ヒットの数やホームラン数で相手より上回っていても

点数が相手より少なくては負けです。

簡単な例をあげると、ランナーがいないときに大きなフライを

上げてアウトになったらただのアウトです。

しかし、ノーアウトかワンアウトでランナーが3塁にいるときに

大きなフライを上げてアウトになったら、タッチアップをして1点が入ります。

状況によって同じ打球でも価値が変わってきます。

バッティング練習をするときの意識は、状況を設定した打撃を

心掛けることが良いバッティングを生み出します。

ヒットエンドランのサインが出ている状況を想定したのなら

絶対にゴロを打たなくてはいけません。

ノーアウトランナー無しの状況ならヒットを打たなくてはいけません。

是非、練習をするときは試合の状況を想定するようにしましょう。

思い描いた打撃をするには、バットコントロールか必要です。

②思い切り振って③バットコントロールができるように

なることが良い打者の条件です。


少年野球・中学野球・草野球・あらゆる軟式野球の戦術、作戦、必勝法を網羅した軟式野球の兵法【野球】


もっと強い打球を打ちたければ、これを見よ!【ベースボールバイブルDVD】


少年野球 バッティング あの愛甲猛が教える少年野球のバッティングを上達させる指導法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ