妖怪ウォッチ 意外と知らないジバニャンの詳細


ジバニャン

ジバニャンは妖怪になる前は赤まると言う名前をつけられていた飼い猫。

地縛霊妖怪になりジバニャンに。

その後、ケータが関わる妖怪の影響を受け色んな風貌や名前がつきます。

ウィスパーと同様にジバニャンもケータの家に居候しているので

毎回の登場確率は非常に高く、また変化も多数あるわけですね。

声優さんによる何とも憎めない愛くるしい声も人気の一つではないでしょうか。

ジバニャンの先祖とジバニャンの未来の姿。

ブシニャン

ジバニャンの先祖の霊が妖怪になったもの。

侍魂のブシニャンは、現在のジバニャンとは違い礼儀正しく、

悪者と判断した時には直ぐに成敗します。好物は鰹節。

しかし、ジバニャンと同様の所もあり、アイドルには目がないようです。

血は争えない感じがするのは、また憎めませんね。

ロボニャン

ジバニャンが将来ロボットと融合して完成した妖怪です。

体内にチョコボ―の製作工場を持っている。

これは、ジバニャンがチョコボ―を大好物としているからではないでしょうか。

しかし、ロボニャン自体はロボットなので食べる事はしないようです。

ただ、ジバニャンであった名残…といったものでしょうね。

イケメン犬の近くにいるとケータは勿論、ジバニャンも…。

名前は、レオニャルド・ディカブニャンでした。

全体像として、二頭身のジバニャンが有名男優のようなイケメン顔に

なってしまったら逆に気持ち悪かったです。

そこが面白みのある内容になっってしまいましたね。

思わず笑ってしまいました。イケメンになったウィスパー(ウィル・スミスミスパー)

との掛け合いは、英語なまりの日本語で笑いがとまりませんでした。

そのイケメンの元に戻し方は、びんたでした。なんとも、まさかの戻し方です。

この話の時には、きっと大人も笑いに巻き込まれたことでしょう。

キャラクターは勿論、声優さんあっての大爆笑のお話でした。

ジバニャンは、元は飼い猫です。

飼い主への愛着が垣間見れてペットの大切さを改めて感じさせられました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ