間違ってませんか?運動会での紫外線対策

紫外線対策

紫外線対策

最近では室内で行う運動会も増えてきていますが、まだまだ外で行う運動会が大半なのです。

家族の方は朝早くから場所取りをして、夕方までお子様を見ておくので、

7時間、8時間も外にいることになります。

それだけの時間、外にいると肌は焼けてしまい、後悔することもしばしばあるかと思います。

きちんとした紫外線対策をして快適に運動会を過ごしましょう。

・日焼け止めの塗り方

日焼け止めは様々な種類がありますが、正しい塗り方をしないと

逆に肌に負担がかかってしまうので、注意する必要があります。

日焼け止めにはSPFという表示があります。

これはSPF1当たり20分の効果があるという意味です。

SPF10なら、20分×10=200分いうことです。

つまり、200分を超えると効果が薄くなりますので、

塗り直しましょうということです。

ちなみに最高は50で20分×50で1000分ということになります。

しかしこれは汗などで流れてしまう可能性がありますので、

できるだけ指定された時間をより短く塗り直すと効果があります。

PAという表記もありますが、これは紫外線をどれだけ防ぐか表示されたものです。

PA+~PA++++まであります。

あまりSPFやPAが強いものは肌に負担をかけますので、

できるだけ軽いものでこまめに塗り直すことをお勧めします。

・日傘を活用しよう

日傘は紫外線を吸収してくれますので、紫外線対策には非常に有効です。

色はなるべく紫外線吸収効果の高い黒色を使い、体全体をカバーしてくれる

ぐらいの大きさのものがお勧めです。

ただし、他の方には邪魔にならないように注意してください。

・長袖シャツを着よう

長袖と聞くと暑いイメージを持たれるかもしれませんが、

最近の紫外線対策用の長袖シャツは非常に機能的で暑さを感じさせませんし、

専用のシャツは紫外線を吸収する機能がついています。

他スポーツ用品店などでよく見かけますので、一度手にとって

みてみることをお勧めします。

運動会に関連する記事はこちら