運動会での水分補給 3つのポイント

水分補給

水分補給


運動会では長時間日光の下にいることが多いですので、水分補給に

注意して脱水症状を防ぎましょう。

また、逆に水分を取り過ぎることにより体がだるくなってしまうこともありますので、

その辺りにも注意して摂取することをお勧めします。

・やっぱり一番はスポーツドリンク?

水分補給と聞くと一番に思い浮かべるのはスポーツドリンクかと思います

スポーツドリンクでも全く問題ありませんが、糖分が豊富に入っており

人によっては甘いと感じる方も多いかもしれません。

ちなみに塩分も意外なほど入っています。

なので、スポーツドリンクを氷や水などで3倍ほど薄めたもの摂取することで、

効率良く摂取できます。

水ばかりを飲んでいると体の電解質が薄くなって、

疲れやすい体になるので注意が必要です。

・どれぐらい飲めばいいの?

通常生活をしているだけで人は一日1.5リットル程の水分を必要とします。

汗をかいている状態ではそれ以上は飲まないといけません。

炎天下にいる場合のお勧めの方法としては、コップ1杯の水を

30分から1時間ごとにこまめに飲むことです。

一気に飲みますと、水分が過剰に体の中に入ってしまい

、腎臓や肝臓に負担がかかり血液が薄くなってしまい、

逆に体に負担をかけてしまいます。

・脱水症状になったらどうしたらいいの?

脱水になれば体の中ではどのようなことが起きているのでしょうか

水分が不足することによって血液の不足、血流の低下があり、

集中力の低下、食欲不振になります。

また、電解質が低下すると筋肉がつったり、しびれや脱力感が起こります。

このような自覚症状があれば脱水症が認められます

口から水分を取れる状態であれば、スポーツドリンクを薄めたものを飲ませて、

口から摂取できない状態であれば病院へ連れていき点滴などを打ちましょう。

そのまま放っておくと重篤な状態に陥る可能性がありますので、

できるだけ早期の対応をしておきましょう。

以外と脱水は命にかかわるものですので注意しておく必要があります。

運動会に関連する記事はこちら