運動会でのカメラの使いかた


運動会でのカメラの使いかた


運動会ではお子様の活躍をカメラに収める為、お父さんお母さんは奮闘しています。

きちんとした方法でお子様の活躍をバッチリカメラに収めましょう。

プログラムを確認しましょう

プログラムを事前に確認しておき、自分の子どもはどの競技に出るのか、

可能であればどの順番に出るのかを確認しておきましょう。

いざカメラを取る時に自分の子どもがどこにいるのか分からない

といった場合がありますので、事前確認の注意が必要です。

また、集団体操などの時はどの場所にいるのかもきちんと知っておきましょう。

カメラの機能を知りましょう

よくあるのが、撮影をしようとした充電が切れていたということです。

事前にカメラの説明書を読んでおき、どのぐらいの時間使えるのか、

どのぐらいの枚数取れるのかをきちんと確認しておきましょう。

また、ズームは何倍まで可能なのかなども知っておくと

場所取りにも有効に使えるかと思います。

太陽の位置を確認しておきましょう

撮影しようとすると逆光でうまく撮れなかったとの声をよく聞きます。

なので、太陽の位置をしっかり把握することにより、

上手に写真を撮ることができます。

リレーの撮影はテクニックに合わせて場所撮りをしましょう

走っている姿を撮りたいと言った声をよく聞きます。

ただし走っている最中の撮影は非常に難しく、撮影にはテクニックが必要です。

特に発している所を横から撮るのは難しく、ブレてしまうことが大変多く見られます。

そこで撮影がうまくいかない場合は正面から撮ることをお勧めします。

正面からですと、ブレはあまりなくテクニックはあまり必要ありませんので、

初心者の方には正面から撮ることをお勧めします。

ビデオカメラで運動会を撮影する場合

ビデオカメラの場合は三脚を用意することをお勧めします。

固定のアングルの方が手持ちよりもはるかに綺麗に映るので、

三脚を用意してズームを使って撮影するようにしましょう。

また、通常のカメラよりもビデオカメラは電池を良く消費しますので、

稼動時間をきっちり確認しておきましょう。

運動会に関連する記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ