運動会に小さい子供を連れて行くときに注意すること



運動会に小さい子供(幼児)を連れていくこともあるかと思います。

親戚や友人に預かってもらえれば一番良いですが、平日に運動会を

しているところがほとんどの為、なかなか預かってくれるところを探すのは

難しいのではないでしょうか?注意することを以下に掲載します。

直射日光は避けましょう

大人でもつらい直射日光は、幼児にとって非常に負担になりますので、

できるだけ日陰で観戦しましょう。

自分で意思を伝えられないので、異変に気づいてからでは遅いので

注意する必要があります。

簡易の折りたたみ式テーブルを用意しましょう

折りたたみテーブルは食事の時に非常に便利に使えますが、

幼児を寝かせるときには簡易なベッドになります。

ポイントは折りたたんだ状態で使うことです

万が一ベッドから落ちた時のことを考えると、折りたたんで使うことをお勧めします。

おむつは多めにもっていきましょう

おむつはできるだけ多く持っていてた方が良いです。

環境が変わると体調も変わりますのでいつもとは違う排泄パターンに

なる可能性がありますので、注意しましょう。

幼児用の耳栓を持ちましょう

運動会では大きな音が鳴り響くことがあります。

幼児はこれにびっくりして泣いてしまう可能性もありますので、

幼児用の耳栓を持っていくことをお勧めします。

ネットなどで手にいれることができますので、チェックしてみてください。

こういうものがいいと思います↓ 我が家も使ってます。

砂埃に注意しましょう

運動場は意外なほど砂ぼこりがすごいです。

特に幼児目線の下の方は非常に砂埃が舞いますので、

注意しておく必要があります。

ひどいようでしたら、マスク等を装着して、できるだけ砂を被らないように

対処しておく必要があります。

暑さ対策は万全に

大人が感じている以上に幼児は暑さに敏感です。

最初は汗が出てきますが、大人と比べると体内に貯蓄している

水分が少ないので、そのままにしておくと汗が出なくなり熱中症になります。

このような状態を避けるためにも、できるだけ涼しい場所で

こまめに水分補給をしましょう。

運動会に関連する記事はこちら