三鷹の森ジブリ美術館の予約とアクセス、デートにもおすすめ


三鷹の森ジブリ美術館

三鷹の森ジブリ美術館は東京都三鷹市にあります。

この三鷹の森ジブリ美術館は世界的に有名な日本のアニメ・ジブリの世界を体感できます。

三鷹の森ジブリ美術館は、東京都三鷹市の都立井の頭恩賜公園西園内にあります。

入場は、日時指定の予約制チケットの事前を購入しなければなりません。チケットの販売は全国のローソンとローチケでのみの販売で、毎月10日から一ヶ月ごとの販売という形式で販売されています。

10日が土・日・祝日の場合は、翌平日からの販売開始になり、午前10時からの受け付け開始になります。

チケットの料金は大人と大学生が1000円、高校・中学生が700円、小学生が400円、4歳以上の幼児が100円、4歳未満は無料となっています。

三鷹の森ジブリ美術館の開館は午前10時から、閉館は午後6時、ただし火曜日は休館日になっています。

入館は4回に分かれていて、入れ替え制はありません。

交通手段としては、三鷹の森ジブリ美術館行きのバスがあります。バスはJR三鷹駅南口から発車していて、

バスの料金は大人が片道210円(往復320円)、子供が片道110円(往復160円)になってます。

往復の割引券は、三鷹駅南口バス定前とバスの案内所で販売されてます。

行く道は、なぜか2種類あって、それぞれ時刻表と行き先が違うので、公式ページで確認するほうがよいでしょう

バスの定員は55名と車椅子1台でうまくいけばスタジオジブリがデザインしたバスに乗れることも。

歩いていかれる方はJR三鷹駅南口から玉川上水にそって歩いていけば15分ほどで到着します。トトロのテーマソングを口ずさみながら歩くのもいいでしょう。

ジブリ美術館では新企画の展示として「クルミわり人形とネズミの王さま展」というのもやってます。結構な人気のようです。

先ほど宮崎駿監督は長編作品から引退することを発表したためもはや新たな作品にお目にかかることは出来ないと思っていましたが、

この「クルミわり人形とネズミの王さま展」では宮崎駿監督自身で描き下ろした展示パネルを見ることができます。

「クルミわり人形とネズミの王さま展」のイベントの展示期間は2014年5月31日(土)から215年5月までの予定です。

また併設されているカフェ「麦わらぼうし」では、作品に関連したメニューも提供されていて手作りのおいしいメニューを楽しめます。

「麦わらぼうし」の営業時間は午前11時から午後7時となってます。これで美術館とともにジブリの世界にのめりこめます。

三鷹の森ジブリ美術館子供だけでなく、大人も楽しめる美術館になってます。

また多くのカップルがデートにくるのもうなずけます。

ぜひ皆さんもジブリの世界を存分に味わってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ